奈良山友会 山行記録

御池岳

〜 藤原岳方面から御池岳縦走 〜


2012年10月5日(金)

 

 

<メンバー>

L.pike、 ウォンテッド、miichan、なべちゃん、サンキュー

 

<コース・タイム>

駐車場 06:15 − 木和田尾 − 頭陀ヶ原 09:19 白船(白瀬)峠 09:56 10:23真ノ谷 P 1,184  11:30(昼食) 12:05 
奥の平13:05 − 御池岳13:16 − 白船(白瀬)峠 15:30 − 木和田尾 15:52  − 駐車場 17:45

 

今回はロング・コースとなるため前夜泊。

いつもの天理インター入口のコンビニに集合して、20:00出発。
22:15いなべ市藤原町に到着。

明日の出発が早いので、00:30までオシャベリをして、熟睡のための寝酒を少々(?)飲んで就寝。

 翌朝、駐車場にて準備を済ませ、登山口に出発。

 

 

入山してすぐに同行者が登山道にヒルを発見。

10月に入ったので、ヒルは大丈夫と思っていたのに、先が思いやられる。

木和田尾の下の沢筋は、登山道が相当荒れている。

 

 

ここで単独行の登山者と出会い、御池岳のP1,184まで同行する事となる。

頻繁にこのコースに入っているようで、色んな情報を教えて貰う。

クマガイソウの群生地もリーダーの地図にマークを付けて貰い、525日が見頃との事。

 

荒れた沢筋を苦労して抜け、ようやく尾根筋に入る。

途中、トリカブトの群生地で、一株だけの白いトリカブトを見る。

 

登山道にはシバグリが沢山落ちている。

木の実採集する同行者は、ポケットを一杯にしている。

 

避難小屋を過ぎ、第三鉄塔に到着。

すると、足元に丸々と太ったヒルがズボンの裾からポロリ。

騒然となるが、気丈な女性メンバーが石でガツン。

相当の量の献血をしてしまった。

 

三角点のある頭陀ヶ平に到着して、少し休憩後、白船(白瀬)峠に向かう。

ここからが、今回経験者なしの初めてのコースに入る。

コースを外してしまったが、無事白船(白瀬)峠に到着。

この後、何回もコースを外す事になるが、地図とGPSナビのお陰で無事下山まで。

 

白船(白瀬)峠の分岐より真ノ谷に向かい、そこから御池岳のテーブルランドを目指して直登。

高度差約 300mの急斜面を一気に登る。

 

直登後のP 1,184にて昼食。

 

その後、御池テーブルランドをゆっくりと散策。急登をこなした後で、天気も良く最高の気分。

向かいに通過してきた頭陀ヶ平(左から)、遠くに静ヶ岳、竜ヶ岳、御在所岳、雨乞岳の山々が臨める。

 

 

一時間ほどかけて御池岳頂上に到着。

集合写真の記念撮影を済ませて、下山にかかる。

最初からルートを外すが、GPSを頼りにコグルミ谷と白船峠の分岐に向かう。

降り立ったところに踏み跡を見つけ、既に分岐点は過ぎているが方向的には白船峠に向かっているので、このコースをとる。

往きで横切った真ノ谷を通るコースで、往路を登り返して白船峠に到着。

 

時間も押して来たので、休憩なしで木和田尾に向かう。

途中、第二鉄塔のところから、来る時に単独行の人に教えて貰った鉄塔巡視路に入る。

しかし、このコースも途中で不明になり、往きで通過した荒れた沢筋に戻る事になる。

 


下山口では、すでに夕闇が迫り、駐車場に到着時には、薄暗くなっていた。
本日の行程時間は11時間30分。

地図とGPSナビは、本当に頼りになりました。

 

 

阿下喜温泉で入浴後、帰途に。

長い一日でありました。 皆さま、お疲れ様でした。


 

文:サンキュー、写真:pike・サンキュー